オランダという国

  • 2010/04/05(月) 22:53:30

今回オランダを旅行して思ったこと。

オランダの食事情って、”飛びぬけて美味しいものもなければ外れもない”って
言葉を聞いていて、それが納得な感じでした。
決してグルメな国ではないですね。
だから、どれを食べてもイマイチだし、でも不味いわけじゃない。
でも名物はやっぱりそれなりにあるんで、やっぱりそれを食べるんですけどね。
寿司もあった太巻きのベンチって...
(寿司はやっぱり人気?)

で、現地で食べれなかった物はお買い上げで持ち帰ってきました。

ニシンの刺身(って言うのかな?)。
生ニシンをパンに挟んで、みじん切りの玉ねぎを乗せて食べるそうです。
そのセットを買ってみました。
もちろん日本人ですから、パンじゃなくご飯に乗せてお醤油掛けましたよ。
なかなか美味しかったです♪
私、酢漬けとか塩漬けだと思っていたら、完全なる生でした。
これを上を向いて頭からペロリと食べる習慣もあるようです。
ニシン持って帰るってあまりない?

それから写真を撮らずに食べちゃったパンケーキ。
ミニサイズが3,40個入って、バターと粉砂糖が付いていました。
朝ご飯にも、おやつにちょうど良い感じでした。

それからこれがお勧めされたアメ。
「DROP」と言う名前(そのまんまだな)で、これがしょっぱいアメなんです。
だからと言って塩アメとかとはまた違って...はっきり言ってまずかった。
が、これをオランダの珍味と紹介されていたし、オランダ人にも勧められましたし。
ドロップってまんまな名前

ちなみにグミタイプもあり、こっちはまだ食べれたかな。
でも、私はもういらないです。
棚いっぱいにありました

後はやっぱりゴーダチーズとかソーセージとマッシュポテトのセットとか
そんなナマモノばっかりフランスに持ち込んで帰ってきましたよ。
オランダ名物ゴーダチーズ


とにかく時間に限りがあるのに、見所が点在してて大変でした。
結果、全然アムステルダムを見てない感じで残念ではありますが、
充実した電車の旅だったと思います。

ただ、アムステルダムって水路中心で車は排除していると思っていたのに
意外と車社会でした。
もちろんボートも自転車も、他の国より全然発達してはいますが、イメージと違った
のが本音です。

それから、パリの北駅で突然ランダムに(たぶん)声を掛けてくる警察官。
鞄の中身をチェックしているようです。
あ、ちなみに私達は声掛けられていません。

夫曰く「薬物調査」と。

オランダでは薬物が合法らしいのです。
それを狙って旅行するヨーロッパ人も多く、こうしてオランダから入国した怪しい人
(基準はわかりませんが...)は声を掛けられるようです。
初耳な私は「へぇ〜」と。
(同じ時期にオランダ旅行へ行っていたコカゲさんが詳しく書いています)

思い描いていたオランダ、もちろん楽しかったしキレイでしたが
ちょっと思いと違う国でもありました。
ポリスって馬だけじゃなくパトカーも使ってるのね



そうそう、行きのタリスでアクシデントが。

紅茶を車内で買って、テーブルに乗せたらりょりょが不注意でコップ転倒。
これが丸ごと私の足へ!!
熱湯とは言わなくても相当熱いお湯です(そりゃ当然)。
ジーパンを履いてた私の太ももは火傷。思わず飛び上がっちゃいました。
服の上から火傷するってこんなに辛いのか(泣)
冷やそうにもここは電車の車内。トイレの水はぬるいし...。
斜向かいのマダムが「ミネラルウォーターで冷やしたら!」と言われ、やってみたけど
大して冷えず。
それどころか座席が水浸しになる方がちょっと嫌でね。

そんなこともあり、火傷にアルコールって..と、今回の旅はアルコール控え目に。
なのでハイネンケンを思う存分に飲めなかったのが悔やまれます。

以上、珍しく旅のまとめでした。
入れなかったんだけど
(国立美術館)

やっと晴れでゴッホ美術館

  • 2010/04/05(月) 00:08:58

やっと晴れた(といっても青空はないけど)朝のアムステルダム。
あんまりいい景色じゃないんだけどね

ホテルは運河沿いにあり、ボートの停泊所もあったんです。
ボート出発しちゃったね

その運河には桜の木もあり、ホテルのラウンジでは桜を眺めならがお茶できるそう。
さすがはオークラ、桜の下でお茶飲みたい...。
桜が水辺に似合いますね


最終日の今日はアムステルダムの町を散策。
月曜は定休日の為、入ることができなかったハイネケン博物館。
行きたかったんだけどね


行ってみたいところは山程あるけど、とりあえずまずはヴィンセント・ファン・ゴッホ美術館。
でも目の前は公園で、りょりょの説得に一苦労。
写真を見せ「このゴッホおじさん見付けよう!」とか「この絵を探してみて」と誘い、
そんなつまらなそうな(!)誘いにもまんまと引っかかってくれましたよ。
日本人たくさんいたよ

しかしチケットを買うのに結構な長蛇の列。
でも入ると決めれば文句も言わずに並んでくれました。

1つだけ音声ガイドを借り、説明を聞きながらの鑑賞。
ここは写真撮影が禁止だそうで、何も写真はありませんが、有名な「ゴッホの自画像」
ゴッホといえば「ひまわり」ですよね。
それらにまつわる話もわかり、やっぱり日本語の音声ガイドって素晴らしい。
りょりょと懸命な捜索をしたのにもかかわらず見付けられなかった「アルルの家」は
本日この美術館にはないそうです。
修復や貸し出しなど、やっぱり必ずしも作品があるわけではないですからね。

ゴッホに係わったゴーギャンの絵や影響を受けたミレーの作品などもありました。

思いの外時間がかかってしまったゴッホ美術館。
次にどこかに行こうにも微妙な時間となってしまいました。
そして、りょりょと約束した公園でも遊ばねばならないし...。

って事で、公園遊び堪能!!

こんなブランコがあり、もちろん見逃すはずがありません。
でも一番人気で乗りたい子はたくさんいます。
じゃ、一緒に乗ろう〜♪
(外人だろうが気にならないあたり、すっかり慣れですよね)
落ちそうで見てて怖いんだけどオランダ人の方、ありがとう

コレ、踏むと音が鳴るんです。
しっかり音階もあって、動きながら奏でられますよ〜。
しっかりリズムにして〜


”I amsterdam”って、良いキャッチコピーですね〜。
人が多くて字がうつらない

最近、アルファベットに興味が出てきたりょりょは「これはりょりょの字!」
「これは○○(お友達の名前)の字」と大興奮。
中にも潜り込めて楽しいね!
aの付くお友達いっぱいいるんだよね


結局残りの時間はスーパーでのお買い物になり、アムス観光終了。
って、街中なんにも見てないよーーーーーー!!!!!

トラムで何度も通り過ぎるだけとなったアムステルダム観光。
最後もスーツケース持ってトラムで駅へ。

パリへ向けて、16時過ぎのタリスで遅ーいランチ。
パスタBOXでお腹もいっぱい


が、この後、立て続けに車内食が出てきて、大変な事になりました。
帰りはプルミエ(ファーストクラス)だったので、食事が出てくるのは
知っていたんですが、予想外の量で...。

まずは軽食。(この時はこれで終わりだと思った)
りょりょと一緒に食べたけど、マフィンまで手は出ず。
乗ってすぐに出た軽食

そして、りょりょご就寝。

ベルギーに入りブリュッセルを過ぎると、またワゴンが。
途中乗車の方の軽食だと思ったんですよね。
が、しっかり夕食。
食べ過ぎですってばー



・・・。もう食べれません(T_T)


動いてないし、入る一方のお腹はさすがに限界。
が、なんとかちょっとずつ頂きました。
それでも完食は無理でした。

しかも途中でパック(イースター)だからとチョコも配布。
ミルカの卵チョコ、3袋頂きました(T_T)(T_T)

タリスのプルミエに乗る時は空腹で乗ることをお勧めします。

そんなわけで、今回オランダの旅も無事終了。
お疲れ様でした〜。

で、ちょっと次回へ続く。

ミッフィーちゃんにチューリップ(後編)

  • 2010/04/04(日) 17:04:10

そんなわけで、後編。(前編はこちら)

思いの外、電車の旅を満喫しています。
今度は予定通りライデン駅に到着!
駅前は予想以上に栄えていて、バスも事前情報より全然多く出ていました。
なので、待ち時間無しで(これは偶然)バスに乗り込みキューケンホフへ。

やっと、やっとやってきましたキューケンホフ公園。
一面チューリップが待ってますよ!!
大きな木靴ですよ



が、予想はしてたんですよ。
やっぱりって言うか、今年の冬は寒かったんです。
アンジェの街の花も昨年より全然咲くのが遅かったのも知ってます。





だから、チューリップ、まだ、つぼみです...。


あ、あれ??

それでも早咲きがあるのではないかと淡い期待をしても見ましたが、いまひとつ。
鉢植えのチューリップはそれなりに咲いているんですがね...。
ギザギザしてて攻撃的よね


それでもそれでもどうにか咲いていそうなチューリップを見つけて撮影!!
が、こんなもんですよ。
おいおい、こんなのばっかり?


でも、雨上がりで空気もきれいで、あちこちにこれから咲くぞ!と言うパワーが
みなぎってます。
それをいっぱい吸い込み、その溢れ出るパワーをもらいますよ!!
今から咲くぞパワーはあるんだけどね


池には人に慣れた白鳥がいたり、花壇の所々にオブジェ(意味不明なものが多い)
があったり、とっても広いので、短時間で回るのはちょっと厳しいです。
近づいてくるんだよねカタツムリ以外にはトンボやカブトムシがいました


良い香りと思ったら、ヒヤシンスが満開♪
りょりょ、私の真似してすぐにクンクンするんですが、たぶん吸ってない..音だけ。
ヒヤシンスって匂い強いのね

チューリップじゃないけど、水仙は満開。
水仙は満開!!


寒いし、チューリップも後一歩だし、ここは温室目指すしかないですね。
なんちゃってでも、満開のチューリップに囲まれたいですから!


そしてやっと見付けました満開チューリップ!
見渡す限りのチューリップ

これが満開って言うもんですよ

そこが温室でもこの際我慢します!!
結構な広さがあり、オブジェもあります

外が寒かった事もあり、気持ちも身体もリラックス。
なかなか写真を撮らせてくれなくなりました


いろいろな種類のチューリップがあり、日本でもアンジェでも見掛けない珍しい
ものがたくさんなあります。
色とりどりのチューリップ達

もちろん全部名前がついていて、その名前にも感心。
「希望」という名のチューリップまるでバラのよう

チューリップの植え込みの中には数字の札があり、その番号をいえば球根が
買えるようですよ。

珍しいチューリップの球根を買いたいところですが、来年の春がどこにいるのか
と思うと、植える事もできないですよね。
もったいないので諦めです。

温室の中にカフェもあり、花に囲まれながらお茶タイム。
味はイマイチかも?


閉園間際で人もまばらになり、風車やパビリオンなども見たい気持ちはありますが
ここらで退散といたしましょう。

出口までの間も巨大チェスや池に浮かぶオブジェを眺め、毎年来ても飽きなそうな
良い場所だなぁと思いました。
ひと駒が重いんですよ桜とのコラボを期待したんだけど


バス停前の植え込みはこんなに満開のチューリップ。
こんなのがお庭一面になる日に来れたらどんなに素敵な事でしょうね〜。
零れ落ちそうなほどのチューリップ


そんな名残惜しいキューケンホフを後にバスはライデン駅目指します。
車窓からは可愛い戸建のお家が見えますよ。
日本のように1軒は小さいんだよね


夜はアムステルダムでパンケーキのお店を探しました。
オランダ名物の1つです。
クレープより厚くて、ホットケーキより薄い。
しょっぱいものに合わせてもOK。デザートにする時はシロップで。
運河沿いにあり、なかなかの人気店です。
りょりょはハムをトッピングしたもの、夫はオムレツ(ここ店の名物らしい)、
私はメキシカンを注文。
お味は確かにただのパンケーキ。
でもボリュームも満点で、クレープ好き(粉好き?)のりょりょも完食。
デザートまでお腹に入る余裕はありませんでした。
どんどんお客さんが入っていきますやっと飲めた本場ハイネケン!
シロップなど掛け放題素朴な味ですね


そのままちょっと歩いてこちらのお家。
しっかりライトアップされていました

アンネの日記で有名なアンネ・フランク一家が隠れていた家です。
アンネの家です

もちろん公開されており、戦時中の資料もあるのですが、夜なのでもちろん閉館。
日記帳も公開されているそうです。

やっと晴れてるアムステルダムの町を軽く散歩するにももう夜も遅く、
残念ですが明日へ期待。晴れる事を祈って☆
やっと全貌が撮れたぞオークラ

ミッフィーちゃんにチューリップ(前編)

  • 2010/04/04(日) 00:07:01

オランダ2日目。

やる気とは裏腹に、結構な雨が降っています。
とりあえず本日は今回の一番の狙いのキューケンホフ公園に行くつもり。
そしてできる事ならutrechtユトレヒトにあるミッフィーちゃんでお馴染みの
ディック・ブルーナ・ハウス(ミッフィー美術館)まで行きたい。

計画実行に向け、まずは朝ご飯。
豪華なバイキングで、目が泳ぎます。
朝ご飯は洋食でした

そして日本人率、本当に高いです。あちこちに親子連れを見掛けますよ。
ロビーにはこんな鶴のオブジェもあり、いいですね〜。
もっと目立つところにあれば良いのに


またトラムに乗って駅へ向かいます。
まだ雨も結構降っていて、しかも寒いんですよ。
なので、午後から晴れる事を期待し(だいたい朝は天気悪いから)、まずは
ユトレヒトへ向かう事にしました。
木立の中トラムが来ます


インターシティーで30分。駅からは徒歩20分とあったのでタクシーで。
が、運転手さんに言ってもわかってもらえず、るるぶ見せましたよ!
(ベルギー・オランダの古いるるぶ持参)
激しい雨も降ってきたのでタクシー選択は当たり!
そして着きました、ディック・ブルーナー・ハウスです。
もう入っていきなりのたくさんのミッフィーちゃんにハハ大興奮。

入り口には金色のミッフィーちゃんが出迎えてくれ、覗き窓が。
黄金ミッフィー!

中を見るとまたまたミッフィーちゃんが♪可愛い!!
カメラで覗いてみました


最初の部屋には世界で発行されたミッフィーちゃんシリーズの絵本が壁一面に。
天井までズラーッと並んでいます。
アルファベット表記だけではなく、アラビア文字系、そしてハングルに漢字。
もちろん日本語もたくさんあります。
こんなに世界のみんながミッフィーちゃんを見ているんですね。
ちなみに地元オランダでは「ナインチェ」と呼ばれています。
他はほとんどの国は「ミッフィー」でした(日本は昔うさこちゃんだったよね)。
この絵本、3ヶ国語くらいで読み聞かせしてるものが聞けますよ。
英語、蘭語、日本語がありました

遊び場となっている部屋にはミッフィーちゃんのお家やDVDなどおもちゃがいっぱい。
もちろんここで喰い付き離れぬりょりょ。
それは何語?

そして周りは日本人の子がたくさん。
旅行者もいれば地元の方も遊びに来ている様子。
中はちゃんとミッフィーの部屋一番人気の汽車

上の階にはブルーナさんの作品が展示されています。
初期の絵本の原画があったり、なかなか楽しいです。
エレベーターも付いてるのでベビーカーも安心

こんな所にも遊び心を忘れてはいませんよ。
ミッフィーちゃん発見!!しかも下を覗くとココにもミッフィーが!
わかるかな?子供しか気付けない場所

出口近くには吹き抜けを利用したカラフルな迷路。
どれもこれも楽しくて仕方がありません。
この色が良いよね

アトリエでは子供達が絵を書いていたり、工作をしてたりしていました。

もっといたい気持ちもありましたが、次へ向かわなければなりません。
帰りはユトレヒトの町を見ながら駅まで歩きました。
素敵な教会でしたおみやげもしっかり!
(ドム教会)



お昼ご飯は移動の電車で。
じゃがいもの美味しい国、ポテトの専門店もあります。
コロッケにニシン(これも名産)のサンドイッチ(しかもキムチ味)なんかも買い
微妙な味に何事も経験だなと。
ポテト高いんだよね、この国




そして向かうはチューリップの公園、キューケンホフ!!
















のはずが、駅に着くと見慣れぬ駅。(アムステルダムに戻ってくる予定だった)
車窓から見た駅前の大きな公園、それを見付けたりょりょが行きたがってます。
(そんな公園覚えがないし...)









が、よーーーーーく見てください、ここ【ロッテルダム】って書いてありますよ?!
あらら〜。
せっかくなので記念に



amsterdam行きに乗ったつもりが、慌ててrotterdam行きに乗ってしまったようです。
時間ないのにね〜、もう。って笑うしかない感じでしたけど。

そんなんでキューケンホフもちょっと諦めかけたんですが、ここからまた別の電車
に乗ればキューケンホフの駅leidenライデンに行けそうです。
なので、景色の違う路線に再び乗り込みました。


と、ちょっとまだ長くなりそうなので、後編に続きます。
行けるのか?!キューケンホフ!!

電車乗り継ぎオランダへ

  • 2010/04/03(土) 23:40:34

今日からPaqueパック(イースター/復活祭)で3連休。
昨年はベルギー旅行
をしていて、そのまま足を延ばしたかったオランダ。
ちょっと時間に無理があって断念したので、今回はリベンジのオランダ旅行!
この時期に行きたいのはやっぱりチューリップを見たいから!!

朝出発し、まずはパリまでTGVで1時間半。
アンジェ駅でお決まりのパンを買って

パリはモンパルナスに着くので、そこからメトロで30分かけて北駅へ。
北駅からはロンドンやドイツにもいける電車がたくさんあります。
今回はベルギーの時と同じ赤い電車のタリス。
タリスの向こうはユーロスター

これでアムステルダムまで3時間半弱。

そうしてやってきましたオランダ アムステルダム!
東京駅はこの駅舎をモデルに作ったそうで、とっても似ています。
残念ながら正面の道路が工事中のため、良い具合に正面写真が撮れず。
でも赤いレンガがしっかり東京駅を思わせますよ。
工事だらけだけど...

駅前には運河クルーズの発着所も。
運河クルーズもしたい!


まずは、時間がないのでタクシーでホテルまで。
ちょっと怖い感じの運転手さんでしたが、良い人でしたよ。
音楽もノリノリな運転手さん

だって、外でこんな馬に乗ったポリスを見て興奮してたら、写真を撮りやすいように
窓開けてくれたり、社内のマスコットどけてくれたり。
って、馬に乗ったポリスに捕まった前の車の人、何したの?!
馬でパトロールして本当に捕まえたよ


タクシーで15分ほど、ホテルオークラに到着。
なんと5つ星に今回はお泊りでーす♪♪
日本人スタッフが数十名いると言う、ヨーロッパではここにしかないオークラ。
初・☆☆☆☆☆

しかもホテル内のレストランには1つ星の日本食「YAMAZATO」に鉄板焼きの
「SAZANKA」があります。
入れなかったひとつ星の日本食

しかも2つ星のフレンチまで!!
リッチなホテルですよね〜。
これまた泊まっているの日本人の多い事。みなさん凄いですね。

あ、我が家はいつも通りの直前に動いた結果、選択肢がなかったんですよ...。
初の5つ星☆我が家的には場違いじゃないかと思うくらいの思い切った宿泊です。

ついでに(ちょっと初体験で興奮状態)、部屋に入ると大画面液晶TVに名前入りWelcom☆
カーテンがタッチパネルで自動で開閉。もちろん照明も。
お風呂にはまたまたTVがあり、JSTVが普通に映ります〜!
長風呂必須ですね。
スリッパも1人ずつ付いていて(もちろんりょりょにまで!)、部屋も広い。
ベットが小さいのがちょっと不満かなぁ
洗面台はビレロイ&ボッホだったよビジネスデスク?で会社ごっこのりょりょ


と、一通りチェックしたところで、慌てて風車を見に出かけました。
夏時間万歳ですね。
冬ならもう真っ暗な時間ですよ。
トラムが来たよ!

トラムに乗って雨上がりのアムステルダム。
王宮は残念ながら修復中でなにも見えません。
雨の中の王宮前


世界遺産のキンデルダイクへはちょっと遠くて行けないので、電車に乗って
近場のザーンセ・スカンスへ行きました。
アムステルダムから国鉄各駅停車で15分ほど。
オランダの(アムズテルダムの?)お店はポップな色彩で可愛い!(写真右)
まずはおやつ(?)にコロッケとチキンカツを購入。
こう言う屋台スナック大好き♪popなカラーが目に付きます

駅前にはこういったスナック類が売ってる店が並んでます。(スナック屋台と命名)
しかも、コロッケ等はこんな風に自販機で売ってるんです!!
ちなみにおつりは出ないので注意して下さい。(1〜2ユーロくらい)
5,6件並んでるんだよ、駅前に中にはコロッケやハンバーガーが入ってる


インターシティーで腹ごしらえ、koog-zaandijkコーフ・ザーンダイク駅に到着。
小説とかによく出てくるインターシティーだよ

駅からしばらく歩くと1基の風車が見えました!!
こんなに間近に風車が

可愛い雑貨屋さんも前にありました。が、なぜか門には仏像の頭。なぜ??
フランスにはよくあるんだよね、このオブジェ

橋を渡ると(たぶん跳ね橋)風車が連なって見えてきます。
これが夕日に照らされてまた良い雰囲気〜。
並んでますよ!!!風車が!


このザーン川沿いに17世紀当時の建物などを再現して野外博物館になってます。
敷地内は本当に可愛い建物がたくさんあり、チーズ工房や木靴の博物館などがあります。
この日はもう時間が遅い事もあり、どの店もしまっていたのが残念ではありますが、
風車の景色はちょっと諦めていたので見れただけで嬉しい!!
可愛い花壇ですまるでオランダ村、あ、ハウステンボスか
可愛い!昼間来たかった写真に撮るには厳しい明るさに

この風車達、今もしっかりお仕事してくれていて、マスタードを挽いたり、
油を絞ったりしているのです。
今も動いてるって凄い事だよね

この風車、よく見たら顔が書いてありますよ〜♪
誰かが見つめてる?!あはは、私です


夕暮れ間近になり、ザーンセ・スカンスを後にしました。
風車が連なってる〜


さて、アムステルダムに戻り、夕食に悩みました。
最初は、ホテルの日本食を食べる気でいたんですが、出掛けに予約を
しようとしたら既に満席。
夫は安易に飛び込みで大丈夫じゃない?なんて言っていたんですが飛んだ誤算。
だって、1つ星ですよ!
しかもホテルで見かけた泊まっている方達、日本食を食べたそうな
(駐在家族風な人ばかりだったので、この時期だし)感じの方ばっかりだったし。

って事で悩んだ結果、駅とホテルの間くらいにある日本食「あん」に行きました。
トラムで途中下車すれば行けるので案外楽チンでした。
ここが休みだったらまた考えねば..と思っていましたが、やってましたよ。
貸しきり状態が気にはなりますが、おまかせ定食をオーダー。
オーナーは日本人で店員さんはみなさんオランダ人(とは限らないかも)です。
店内は日本を思わせる焼き物や本がありました。
季節柄本物の桜も活けてあり落ち着きますね〜。
センターからは外れます貸切にくつろぐりょりょ

しかし、いつもなら日本のビールやお寿司に感激するところが、アンジェに
できたお寿司屋さんKAWASUMIの効果で、感動が薄い...。
家でも飲めるし、って思っちゃう贅沢な思想ができてしまっていました。

それでもやってきた定食を見て感激!
副菜の多さに目がキラキラ☆
最後が日本食の写真ってどう?

りょりょには餃子を頼んだのですが、もちろんバクバクと食べ、私のおかずも
お替りしてたのでやっぱり美味しいんでしょうね〜。
ご飯はちょっと残念な感じではありますが、これだけのおかずがあったら
お替りをしないわけがありません。
しかも、本日はパック休暇により、オランダ人の皆様も家でお食事をしているらしい。
だからお店も空き空きだとか。
なのでしめ鯖の差し入れまで頂き、オランダ名物なども教えてもらいました。

お腹もいっぱいになり、椅子で爆睡しているりょりょを担いでホテルへ戻りました。

もちろんNHK見ながらのゆったりお風呂。
日本語で好きなだけTVが見られる嬉しさで、うっかり見過ぎちゃいました。
「千鳥ヶ淵の桜が満開です!」とおはよう日本で放送していました。
思わず目を細めてその風景を見つめちゃいましたよ〜。

さぁ、すっきりさっぱりして、明日はどこへ?!