美しい島、ベル・イル

  • 2010/05/14(金) 03:28:25

今日はフェリーに乗ってBelle ileベル・イル島へ渡ります。

ベル・イル、日本語に訳すと”美しい島”ですよ。
こりゃ楽しみです〜♪

昨日の大賑わいの浜辺はまだ人はまばらで、しかも浜辺が清掃されている!
清掃車、砂浜までやってくれるんですか?!すごい。
大きなバトー作るの〜

そこに初めての足跡を付けるのも楽しく、大きな天然砂場独占。
ボクの足跡だけ〜


いよいよフェリーに乗船。
今から乗り込みます


早く乗船と、慌てたりょりょは転倒し、顔を擦り付け大泣き。
皮までベロッと剥けて、目じゃなくてヨカッタと一安心(いや、痛そうだけどね)。
痛いんだけど、目の上


いよいよ出港です。
キブロン、バイバーイ!また後で〜

最上階のデッキに陣取りましたが、これが寒い寒い!!
元々の気温もそれほど高くない所に海風が強烈で。
だいぶ防寒したつもりではありますが、全然足りなかった...。
それでも船酔いする私は中には入れず。
45分間耐えました。
完全防寒ならず


いよいよベル・イルが見えてきました。
ベルイルに着くよー

カラフルで可愛い家が立ち並んでます。
ベル・イルの中心地、ル・パレに到着です。
カラフルな港に着きますよ


ここからまずはモネが描いたコトン入り江の針岩を目指します。
断崖絶壁ってこういうのを言うんでしょうね。
モネの気分になった?

でもこの尖がった岩達、野生的と表現されてますが、なんとなく愛嬌があるように
思うのは私だけでしょうか?
なんか人の形してるみたいな、のほほ〜んって言うか。
でも険しい荒波に揉まれこのような姿になったんですよね。
断崖絶壁、チチ怖いって

断崖絶壁の内側は、こんな可愛いピンクのお花畑。
遠くには灯台が見えます。
灯台なのに海よりだいぶ中にあるんですよね。なぜ?
一面お花畑


モネの気分に浸りながら、ランチ目指して走ります。
またしてもクレープリーを選んでしまいました。(好きなんだよね、結局)

可愛い一軒家のクレープリーの中はお昼時だったのでいっぱい。
それでも地元の美味しい味を堪能しました。
混み混みでオーダー忘れられたりもしましたが、まぁ、美味しかったからいっか。
可愛いお店地元のシードル、味が濃い!
ベルイルのシェーブル入りガレットソーセージとトマトのガレット
ボクの注文ショコラショーりんごとバターのクレープを


お腹もいっぱいになり次に向かったのはプーラン岬。

それにしても本当に田舎。
基本的になーんにもないんですよ。
美しい島と言う名に住んでいる住人達、暮らしていく上では大変だろうなぁなんて
思ってしまう私でした。
羊な風景、のどかだね〜


りょりょ、昼寝タイム。
なので、プーラン岬はこっそり置いて見に行ってしまいました。
大女優サラ・ベルーナの住んだ家とか、大潮の時には完全に孤立してしまう島など。
車は進入禁止、走ります

廃墟かと思ったんだけど

大潮時はここに海の水が入り込んでくるらしいです。
ここは海の中になるんだって

やっぱりキレイな水だよね

この島からの景色も素晴らしかったです。
教会かと思ったら灯台!

こっちは外海

でも、りょりょを置き去りにしてるので、足早に退散。

近くの入り江で寝起きのりょりょと海遊び。
静かな浜辺で、隣は昼寝の人でした

キレイで静かな浜辺ですよ♪

こんな自然が身近にある生活って、どんなんだろうなぁ。

ぐるっと軽く島内を巡った感じで、ル・パレの戻ってきました。
1つ前の便のフェリーです


雲行きも怪しくなり、1人で買い物に。

いわしの缶詰で有名なキブロン。
このお店がベル・イルにもありました。
有名ないわし缶なんですよ

いわしとサバの缶詰ご購入。
あまりにカラフルでキレイな缶詰にまたしても写真を撮らせて頂きました。
ブルターニュの人って良い人ばっかりだなぁ〜。
缶詰のパッケージが可愛いの〜カラフルでお洒落な缶詰達


後はパン屋さんでクイニーアマンを買うのみ!と思ったのに、売ってません。
ブルターニュのサブレはあるんですけどね。
残念ながら諦めました。

そうそう、島内はできる限り車を排除しようとしているのか自家用車で乗り入れる
のは一苦労。
代わりに可愛いレンタカーやレンタサイクルが充実してます。
こんな車もありましたよ。
顔になってる〜島に似合ってるよね
今日は寒そうだよ


帰りのフェリーはあいにくの雨でデッキに出れず。
そうなると船酔いの心配がある私。相当不安な顔して乗っていたようです。
幸い、酔う事もなく無事に到着。
外に出れないから中は満席


そこで気付いてしまった私。
指輪をホテルに忘れてきました....。
電話もして取りに戻ってみたけれど見付からず。
明日の朝、また電話をくれるとの事でしたが、出てこないよね〜、きっと。

ガッカリして夕飯を探しに。
人気店は満席で、でも食べ逃すわけにも行かず、casinoのレストランに入りました。
スーパーカジノを想定して入ったんですが、本物のカジノも併設してる
立派なレストラン。
昨日食べ逃した牡蠣も食べれて(りょりょまで食べた)、美味しいご飯達にご満悦。
牡蠣は1つからオーダー可何でも作ってくれるって、結局ナゲット
ホタテがいっぱい♪なんと鯛が丸ごと

最後はちょっとイタズラ?
ナプキンで兜折っちゃった、しかも3つ


1泊2日の忙しい旅でしたが、しっかりブルターニュを満喫しました。

カルナックのホテルで

  • 2010/05/13(木) 23:09:25

なんとか到着したカルナックのホテル(夫、ホテルの住所家に忘れた)。
道路沿いにあり、見つけられました

とっても綺麗で、海に面したリゾート地のホテル!!って感じです。
テラスにはもちろんプールも。
でも、入るにはまだ寒いよね...。
泳いでいいの?!(寒いよ、きっと)


部屋にはウエルカムフルーツがあったり、スリッパが3人分!
しかも大中小としっかりサイズが揃ってます。
こんなサービス初めて〜♪
キャラメルもくれたよ、一缶ボクのはどれ?

そしてバスルームも広くとってもお洒落。
こんなトイレの前にシャワーがあるんですけど、どうやって使うの??
シャワーカーテンもなくって、お洒落だけど不安もあり...。
これはなんだ?!


バルコニーの下には砂場が!りょりょ釘付け。
砂場がある!秘密基地みたい



夕食もココで食べることにしました。
海の見える席です〜。
ちょっと逆行だけど


昨晩に続きまたフルコース。
今日はせっかくだからアペリティフも♪

これがね、失敗って言うか笑えるって言うか...スペシャルをオーダーしたら。
なんとこの大きさ!!!
この大きさ、伝わるかなー

目が飛び出るかと思うくらいビックリです。
しかもアルコールも強烈でね〜。
本日ワインはいりません。
おつまみも美味しい☆

で、せっかく海なのですから魚介攻めで。(あれ?昨日も??)

りょりょはまたしても白身のお魚。
鯛でしたね。
でも、先に出てきたパンが美味しくて、ペロリと食べちゃった上、お疲れで
あまり食べませんでした。
こらっ!手で食べない!!


そうそう、このパン!いくつか選べるようになってたんですが、どれも美味しい。
ココで焼いてるんでしょうね、温かいんです。
全部食べたいくらいの勢いでしたよ。
そして、初めてディナーでバターを出されました。
通常、朝はバターたっぷりで食べますがすが、夜ってチーズのお供にちょっとパンを
食べるくらい。だからバターで食べるって牡蠣の時くらい?
なのに、パンも食べてくれ!!って事ですかね?
いや、食べたかった、ほんとに。
もちろん特産ですから、バターも美味しい〜。
あ、だからバター出て来たの??(1人で納得)
5種類くらいパンがあったよバター、AOCだって


と、長くなりましたが、まずはアミューズにサーモン。
付け合せのサラダがこれまた美味しかったです。
スモークサーモン、いいね〜


前菜に選んだのは鯛にアボカドのタルタル。
あっさりで、それでいてアボカドの濃厚さとマッチしててGOOD。
丸い瓦のお皿だ

夫はホタテのブロシェット。
これまた良い感じに半レアで、美味しいですね〜。
ムースになってるソースがまた良い感じ。
ホタテってなんでこんなに美味しいんだろ〜


メインは2人とも白身魚(なんだか忘れちゃった)のパピヨット。
これがこんなに可愛く包まれて出てきました。
おしゃれな包み焼きよね〜

中はたっぷりお野菜と一緒に。
ドライトマトの酸味がいいね〜。
パピヨット開けました


またしてもこの時点でお腹がいっぱい。
ココ、田舎なので量が多い事忘れていました。
そして、アペリティフのアルコールがまわります。

でもデザート頑張ろう!と思ったら、チーズが〜。
またしてもお洒落で、めっちゃ美味しいロックフォールのムース。
本当に軽くて食べやすくて、今なら絶対お替りするのに!!
残念ながら半分でリタイア。
悔しい〜。
見た目よりボリュームあり


それでも食べますデザート。
だって、フレジエですから〜!!
いちごも甘
<br />くて美味しかった

この一見ショートケーキ風ですが、スポンジではありません。
ビスケット生地です。
クリームも生クリームじゃなくバタークリームです。
でもこれがまたしつこくなく美味しい。
だからと言って完食は無理でした...ごめんなさい。
グラスに入ってるのは(お、うちと同じグラスだ)いちごのピュレ。
りょりょが綺麗に食べましたよ。

夕暮れ、日の入りには間に合いませんでしたが、海へ散歩。
暗い海だー

もう夜も10時になるので、散歩してる場合じゃないんですけどね〜。
まだ夕焼けが海に写ってキレイです。
潮が引いていったばかり

夕日は海には沈まないのね


ホテルに戻る際に、りょりょ思い出しちゃいました。
砂場です。
仕方ないのでひと遊び。
夜中の砂遊び

その間私はホテル探索。
そしたらこのホテル、ジム器具やジャグジーが地下にあるではないですか!
貸切なら全裸でOK?

しかもハマムまで!!!
ハマム〜♪ってスチームサウナと違うのかな?

すっごい試してみたかったんですが、水着も持ってきてないし、りょりょ寝かさなきゃ。
そして明日の出発もそこそこ早いので、荷造りもしないと。
そんなわけで写真だけ。
あぁ、知ってたら...水着持ってきたのに(たぶん貸し出しもあるんだろうけど)。

そんなわけでやっと部屋に帰り、謎のシャワーも浴びてみました。
水の勢いと方向を間違えなければトレイを水浸しにしないですみます。
りょりょ大はしゃぎでした。
でもお湯の温度が低くてね


明日はフェリーでベル・イルへ!

キブロンの海へ

  • 2010/05/13(木) 03:26:59

連休を利用して、ブルターニュにあるQuiberonキブロンへ行きました。

キブロンと言えば海!
アンジェは寒くて雲も多かったのに、晴れ渡って眩いばかりの太陽!
ここキブロンは、北フランスには珍しく日照時間が長いのです。
そして町の中心はキブロン半島の南端にあり、この半島、ブルターニュ本土とは
細ーい道で繋がってるのみ。
元々は島だったそうです。

海が見えると一気にテンションアップ!!
きたーーーーーーーー!うみーーーーーー!!


海岸沿いをしばらく走り、車で行ける所ギリギリまで行ってみました。
1人大興奮で連写


海の色は透き通るブルー。
相変わらずの透明度の高さに感動です。
きゃー!!キレイな海だ〜


このまま海の画像ばかりになりますが、しばしご一緒にお楽しみ下さい。
すっごい気持ち良い!!

飲めそうなくらいの透明度

おじさんの散歩も画になるな

本当にしょっぱいのかな?

この太陽なのに厚着

反対側も


潮風にあたりながらキブロンの一番端っこまで行ってみる事にしました。

この岩、ポニョが乗ってくるお魚の群れに似てません?
命名:ポニョの岩


カヌーかな?カヤックかな?優雅に海散歩。
波がキラキラ反射して☆


砂浜の砂はキレイな白、そして細かい粒子なんです。
触ってもサラサラ〜。
海草もたっぷりあったよ


岩場の後はちょっと高台を歩きます。
これがまた青い海と白い空と緑のコントラストが最高。
ひたすら走ってますけど


最後の難関!
岩も波打ってます


そしてココが一番先っぽ!!
これが本当に一番先っぽ


釣りのおじ様方、ちょっと邪魔してごめんなさいね。
でも、どうしても一番先っぽに立ってみたかったんです〜。
近くの島から遠くの島まで、いくつか島が並んでるんです。
釣りに日向ぼっこに


もと来た道を戻りながら、また海に出たり、砂浜で遊んだり、これだけで
十分遊べる感じです。
水の中に入っている人ももちろんいましたよ(こちらはフリース着てるのに)。

そしてお腹が空いたので、まずは街へ出て腹ごなし。
やっぱりブルターニュといえばクレープでしょ〜。

誰もお客さんがいない事に不安を感じながらも、お腹もペコペコだったので
一番最初に見付けたクレープリーに入りました。
なんか可愛いお店だなぁ〜。
めちゃ可愛い店内


そして頼んだ物はやっぱり塩バターキャラメルのクレープ!!!
アイスまで添えちゃったのはお腹が空いていたからです...。
思っていたより甘ーーーい。そりゃキャラメルだもんね。
これぞブルターニュ!


目の前で焼いてくれるのもなかなか良いパフォーマンスですよね。
厳ついムッシューです


りょりょはバナナのクレープ。普通に美味しいです♪
ボクバナナね!!


その後、一番中心街へ向かい、狙いはアンリ・ルルー。
おみやげ物屋さんなどが並ぶ通りの角にありました。
お洒落なお店〜〜。
(全体的にキブロンのお店、お洒落でしたけどね)
りょりょは買い物反対派

キブロンは塩バターキャラメル発祥の地。
この元祖塩バターキャラメル、日本ではあちこちで手に入りますが、
フランスではルルーさんのキャラメルはキブロンでしか買えません!
(たぶん、私が知らないだけで嘘かもしれないのです)

中に入ると一番目立つところにショコラのボンボン。
ショコラがいっぱい♪美しい♪♪

だって、世界で唯一のキャラメリエでもありますが、
ルルーさんは数々の賞を受賞しているショコラティエでもあるのです。
なので、チョコももちろん美味しいはず!!!

ものすごくお洒落!!

って事で、キレイなお姉さんに色々質問しながら、ボンボンBOXと定番のC.B.S
(キャラメルブールサレの略らしい)を購入。
そしたら可愛い棒付きボンボンもあったので、思わずりょりょにお土産。
しかもこのお姉さんが良い人で写真も快く撮らせてくれました〜。
フレーバーなキャラメルもあり


ウキウキでお店を出て海に戻ると、浜辺にはたくさんの人。
夏場はもっと賑わうのでしょうか?
と、単純に写真を撮ったら、なんとりょりょが写っているらしい。
望遠で確認したら確かに写ってて笑えました(^^)
りょりょを探せ!


海を後にし、隣町にあるカルナックへ移動。
その際にまた細い一本道を通るのですが、これがね、絶景なんですよ。
細い道に単線が通ってるんです。
味がある風景だよね


電車こそ見る事はできませんでしたが、この青い海に線路!
なんか青春って文字が浮かびませんか?
電車来ないかなぁ


妙に盛り上がって車降りて写真を撮りに行った私です。
お留守番組も楽しんでますね


ちょっと長くなるので、ここら辺で休憩。

つづく。