いきなりですが

  • 2010/11/18(木) 07:02:18

ブログが全然追いついてなく、読んでくれている方すみません。


実は、急遽日本への帰国が決まりました。
2週間後には日本にいます。


そんなわけで、只今バタバタと引越し準備中です。

やりたい事も行きたい所もまだまだありますが、楽しんだフランス生活も終わります。
次の春まではフランス生活と思っていたところ、思いがけず早まり、
心の準備もままならない感じでしたが、元々夫の仕事できているわけですからね。
仕方ないです。
こんな貴重な経験をさせてもらえた事に感謝です。

最初から最後までドタバタ劇な生活でしたが、充実したフランス生活でした。
残念ながらフランス語は話せないままですけど...。
それでも、生で見た事、食べた事、感じた事、私の人生での宝です。

ひとまず簡単にご報告と言う事で、ブログの更新は暇を見つけてちょっとずつ
やって行こうと思います。
なので、気長に待っていて下さい。

では、12月2日には日本上陸(予定)!!

仕事復帰

  • 2010/06/04(金) 04:07:44

Mさんと久しぶりのお茶タイム。
アキト君もりょりょが幼稚園でいない間におもちゃで堪能♪
1人で満喫中

でもやっぱりりょりょが戻ってくるとそれはそれは嬉しそう。
2人で仲良くおやつですか?
仲良く隣同士

Mさんと会ってはいたものの、なんだか慌しい事が多かったのかな?
久しぶりにゆっくりたくさん話せた感じで、リフレッシュできました。

そして実は今日から夜のお仕事。
と言うとなんだか怪しい感じですが、ちょっと訳あり休職中でした。
その訳も解消されたんですが、問題は勤務時間。
りょりょの幼稚園の間に働くつもりだったのですが、お店の都合上昼営業は無期延期。
せっかく働ける条件が揃ったのに、働かないのももったいないので、週に1回
夜に働く事になりました。
りょりょは夫が帰ってきてからの交代で。

りょりょに負担が掛かるようなら仕事は諦めようとは思うのですが...。
とりあえず試してみる事に。

そんなわけで、ここが仕事場です。
シェフと一緒に
(どこだかすぐにお気づきですよね)

接客はもちろんフランス語。
これでちょっとでもフランス語力が伸びればいいなぁと淡い期待も持ちつつ、
ひとまず頑張りたいと思います。

で、初仕事は仕事とフランス語を教えてもらい、緊張しながらどうにか終了。
週に1回だから覚えるのが大変ですが、やるしかない!!ってところでしょうか?
とりあえず充実した時間ではありました。

ちなみにりょりょはチチとご飯を食べ、DVD観てご満悦だったようです。
たまにはハハのいないご飯もいいのか?!

3回目の誕生日

  • 2010/05/17(月) 00:53:52

澄んだ青空で

フランスで3回目の誕生日を迎えました。
38歳です。

まさかね、30代後半をフランスで過ごす事なんて、私の人生計画にはなかった。
っていうか、無計画な私にそんなものは最初っからないか...。
でも、いつの時も充実した時間を過ごしている気はします。
気はね、気だけはね。

先日、りょりょが幼稚園で育てた植物(食べられるらしい)を持って帰ってきました。
その際に担任の先生が「りょりょがママにプレゼントするって(フランス語で)
可愛かったのよ〜」と話してくれました。

ハハ感動(T_T)

ママにプレゼントももちろん嬉しいんだけど、それをフランス語で先生に伝えた事。
それにとっても感動。(親馬鹿ですみません)

という事で、勝手にこれは誕生日プレゼントにしてみました。
りょりょありがと〜



そんな自分で盛り上げている誕生日、夜はチーズフォンデュです。

先日、日本人の集まりで持って行く予定だったのですが、早いところ食べないと
真夏に汗かきながら火を囲むの嫌ですからね...。
なので、本日決行!

相変わらずですが、我が家チーズ料理は野菜もこんもり出てきます。
普通、チーズフォンデュとはパンとじゃがいもくらいしか食べません。
野菜ばっかりで...


そして昨日に引き続きSシェフも参加してくれました。
「手ぶらじゃ入れないよ!」なんて言ったものですから(私ったら..)、
プレゼントにケーキまで持ってきてくれました〜。
しかもたくさん。
ちょっと暑い日だったけどね、勘弁


そしたら夫もケーキを買ってきてくれ...全部食べました〜♪♪

こんなにケーキが☆幸せ


シャンパンも開けて、楽しい誕生日です。
みんな、どうもありがと〜。

きっとフランスで最後の誕生日なはず。
38歳、悔いのない歳にしたいと自分自身に誓いました。
そしていつも私を支えてくれている方々、心から感謝します。
自分を生んでくれた親にも感謝。
そう思えたのは自分も子供を生んだから。

誕生日とはたくさんの人に感謝する日なんだと、そう思うようになれた近年です。
酔っ払い状態なのに載せちゃった
(酔っ払いですみません)

オマケ:
弟の所に男の子が生まれました。りょりょの従弟です。
なんと私と同じ誕生日になりまして、不思議な縁を感じます。
早く会いたいです。

わたくしごとですが...

  • 2010/03/30(火) 01:24:18

お仕事とは、最終的にお金を貰うものだけでしょうか?
それじゃボランティアや主婦は仕事じゃないのでしょうか?
そんな事はないですよね。
でも、お金を貰う仕事はやっぱりそれなりに責任もあり、ルールもあります。
やる気と向上心をもって取り組む事、それも大事な事ですよね。

と、前置きが長くなりましたが、わたくし、フランスで仕事を始めました。
いや、まだ見習いな感じなので、仕事といえるかどうかは微妙ですが、
決められた時間に決められた事をするというのは、私の中では仕事です。

会社を辞めたのが2005年末。
4年3ヶ月ぶりの社会復帰(と言うのか?)です。

フランスでやりたかった事、色々ありますが、仕事をしてみたかったのもその1つ。
学校にも通いたい気持ちもまだありますが、仕事のチャンスの方が先だったと
言う事で、やるからには責任持って頑張りたいと思ってます。
だいたい、1年後には完全帰国をするかもしれない私を雇ってくれるって、太っ腹でしょ?

今日は2回目の出勤。
しかもちょっと大役的な感じでちょっと緊張気味でした。
どうにか役目はクリア、一安心です。
が、その成果は出ず、結果的には残念な感じに...。

まだまだ日々勉強です!!!

そんなわけで、今までダラダラ過ごしていた時間の使い方にちょっと喝を入れないと。
そして目下の課題はりょりょの幼稚園の午後登園。
今のところ問題なく通ってくれているので良いのですが、お昼に戻ってくるって
あまり時間をうまく使えないんですよね...。

バカンス時期や一時帰国などの問題もありますが、ひとまず目の前の事を
頑張ろうと思います。
どんな事でも経験ですからね。
いつどんな時にその経験が生きるかわからないですし、何事も前向きに!

【中間報告】これからの私達

  • 2010/02/24(水) 06:32:45

夫が日本時代の上司(今はパリに駐在)に会ってきました。

職場は、日々縮小されています。
今では従業員も相当減っているよう。

そのせいで発生した問題(面白い話?)はいくつかあって、
「自販機の紙コップが補充されなく、コーヒーを買うと流れてっちゃう」とか
「食堂の営業時間が短くなり、お昼と食べ逃しちゃう」とか。

そんな中でも実は残る社員もいるらしく、本当に少ないですが
”アンジェ工場細々と続く”と話しは聞いていました。

で、本日夫が言われた事は


「来年の3月まで居て欲しい」


との事。


あ、そう〜。
私の第一声です。
まぁ、覚悟もしてましたし、最近なんの音沙汰もない所でのお呼び出しだったので
予想もできていました。
が、あと1年か。

フランス生活をする上では特に何の問題も感じませんでした。
りょりょの幼稚園も更新したし、今後ビシバシ指導お願いします、と言うだけ。
自分もこれでもう少しフランス語を真剣に頑張らなきゃ!と気合も入る。
習い事も始めようかな?とか。
そして、夏を日本で終わってしまった昨年の分も、バカンスを楽しめる!!
そしてまたノエルで寒ーーーーーーーいフランスの冬を過ごすのか。
と、そんな事ばかりが頭をよぎる、お気楽な私。

が、が、が、日本での課題は山積みのまま。

お気楽でフランスにいるには、日本の課題をクリアしていかねばならないのですよ。
それが一番の問題。

猫、伯母の体調、実家の管理(自宅の管理は解決済み♪)、車の管理など。
そして確定申告や相続の事など何も終わってない現状...。
家族も増え、春にはもう1人増える弟には負担が大き過ぎます。

そんなわけで、手放しでは全く喜べないフランス滞在延長の話。
それでもいつ帰るかわからない宙ぶらりんな生活にピリオドが打てたと思うと
何をするにも目処が立つのでスッキリです。

このご時勢、いくらでも体制が変わる会社の体質は知っています。
だから本当に1年いられるか、はたまた本当に1年後帰れるのか謎ですが、
一応、1年後と目標を定めて、日々暮らしていこうと思います。

そんなわけで、日本の皆様、フランス旅行の計画立ててくださいね〜!
フランスの皆様、あと1年よろしくお願いします。

この姿も継続だね。
自転車で出動


アキト君、これからもたくさん遊んでね☆
偶然ばったり出会いました
(本日のマルシェで)

三回忌

  • 2009/11/15(日) 01:54:20

今日は母の三回忌の日。
本来なら一時帰国しているはずですが、夏に父が亡くなったばかりで、私もいない三回忌は弟も大変だと言う事で、来年に延期してもらったんです。
父の一周忌の時に一緒にやろうと思います。
りょりょがお花を買ってきてくれたよ

母は2年前に癌で亡くなりました。58歳でした。

発病時、大手術までしたのにその事を隠し通していた母でした。
私が知ったのは手術も終わり、50日の入院が終わった後。
お腹にりょりょがいて、仕事も辞めたお正月に初めて聞いたんです。
あまりにもあっさり言うので、きっと簡単な手術だと思っていたら、調べてみると(私、検索好きなので)もしかして末期に近いのでは?と言う事に気づきました。

今のご時勢、携帯のメールで簡単に安否確認ができるじゃないですか?
これにまんまと騙されまくったわけですよ。
そこまで徹底して隠してきた母って、ある意味凄いですよね...。

その後も闘病生活は続いていたけれど、元気で、いつも一緒に食べ歩き、出産直前には母娘2人で箱根に旅行にも行きました。

りょりょの出産時には母も抗がん剤治療の為に入院していたのに、私が急遽帝王切開となり、一時外出して見に来てくれました。お互い病院も近くてね〜。
親子3代でしばし入院生活をしていたものです。

私以上にパワフルで、フットワークも軽く、常に好奇心旺盛だった母。
闘病生活中も、病院内でたくさんのお友達を作っていました。
でも、やっぱり同じ症状のお友達は皆、亡くなっていったんです。
それを目の当たりにしてきてる母はどんな気持ちだったんでしょう...。
それでも自分は治ると信じていたんでしょうか。

私達がフランスへ行く事が決まった時、涙を流していました。
もう、りょりょの成長を見守る事が難しい事、気付いていたからでしょうね。

我が家の引越しの日、母は体調が悪く入院しました。
入院している方が安心だし、しばらくは私達親子も同居になるので、戻ってくる事を心待ちに軽い気持ちでいました。
でも、母はその入院から戻ってくる事は難しく、夫が渡仏した後も私とりょりょは覚悟を決めて実家に残る事になりました。
私達が渡仏するのは完全に未定。
夫はフランスでひとり暮らし。

父と私とりょりょの共同生活に、母を引き取って在宅ケアをすると決めてからは大忙しで、それでも、いつでも好きな時に母の顔を見れる事が私にはとても嬉しく、そして毎日お見舞いに通院する事を考えれば、1歳になったばかりのりょりょ連れには本当にありがたかったです。
お節介りょりょも一生懸命ばぁばの面倒を見てました。

すっかり寒くなって、生活も慣れた頃、母は天国に旅立ちました。
ほんの15分前には意識はないものの、寝てる母に声を掛けた所でした。
薬屋さんが点滴を届けに来てくれ、それを見送り、りょりょと買い物に出たんです。
まだ公園も通り過ぎてない矢先、父からの電話でその事実がわかりました。

眠るように静かな旅立ちでした。

最期に苦しまないでくれた事、それが何よりも救われました。
でも、そこまでは長く苦しい日々だった事でしょうね。
もう頑張らないんで良いんだよ、とホッとした気持ちにもなりました。


あれから2年。
でも、たったの2年。

その間にフランスへ渡り、日々一生懸命で、フランス生活に慣れたら父が亡くなり、激動の2年ですよね。
こんな激しい2年という月日、これからもあるでしょうか?
でも、いつでも無駄な過ごし方はしてないと、心から言えます。

と、すっかり湿っぽい、いや、湿っぽすぎる内容になってしまい申し訳ないです。
自分への区切りと思い書かせてもらいました。

今でもまだ信じられない気持ちはたまにあるけれど、母へたいしては、自分も長い時間かけて死を受け入れて来れた事。そして自己満足かもしれないけど、自分でやれるべき事はやれたと言う気持ちがあるのです。
後悔する事もあるけれど、あの時選択した事柄は後悔してはいません。

今日、三回忌をしてあげられなくて本当にごめんね。
お墓参りも行けない娘だけど、フランスで頑張ってるから!!
これからも天国から見守っててね〜。

きっと今頃は父も一緒に並んで見守ってくれてる事でしょう。
そう信じて、日々頑張っていこうと思います。

完全独り言ブログでした。

不調な土曜日

  • 2009/11/14(土) 01:49:24

昨晩、けいれんするかと思うくらいの悪寒に襲われスタートしました。

熱は上がり、体は温かくなったけど、汗をかく気配なし。
おかげで熱は下がらず。
38℃〜38.5℃を行ったり来たりでつらいだけ。
でもこの程度の熱だから適度に動く事はできる。

しかしこの日は結局1日中寝たきりで、夫とりょりょ2人で頑張ってくれていました。

残念なのは約束していたベトナム人の方の家への訪問。
朝市にいなかったらしく、留守電へお断りのメッセージ。
これって凄く失礼なんじゃないかなぁと気になってます。

高熱じゃないので、寝ながらいろいろな事を考えます。
今までの考え事って、今後の行事をスムーズにこなす為のシミュレーションとか、来客用のメニューを考えたりとか、そんな感じだったんですよ(なんかおめでたい内容だわ)。

でも、フランスに来てからって意外とフランス語が頭をリピートしてるんですよね。
例えば、明日会う予定の人がいたらその人と話す内容をシミュレーション(やっぱりそれは一緒なのか...)。それが幼稚園の先生だったり、会社の人事の人だったり、またはお店の人だったり様々。
それくらい頭の中にネタを入れておかないと、話が続かなかったり、話したい事が伝わらなかったりするから。
なので、この文法で良いのか?単語これ??なんてぐるぐる考えてます。
でもね、所詮寝てるので疑問にぶち当たった所で解決ができなく、やっぱり自分の知っている言葉しか頭の中を駆け巡らないと言う、ちょっともったいない時間です。

そうしてほぼ1日ベットで過ごし、それでも熱が下がる様子もなく、重い頭を抱えて終わった土曜日でした。明日は治ってると良いなぁ。新登場