登山電車で氷河、そしてうっかり下山

  • 2008/08/21(木) 21:59:08

シャモニーでの朝、それはよく晴れた青空に万年雪が輝いてます
神々しく美しいですね〜
朝のモンブラン

そんな美しい山を見ながら朝からヨガ。
なんか神様の近くにいる感じでついやってしまいました。

早速友人を探しにキャンプ場へ
この友人、7月最初に渡仏し今の今までシャモニーにいるんです。
我が家に寄ってくれたのはもう1ヵ月半も前のこと。早いね〜。

みなリュックを担いで登山靴を履いて山へ向かっていきます我が家は逆流。
しかし、こちらの方々、本当に軽装なんだけど靴だけはしっかりしている。
キャミに短パンとかで山に向かっていくんですよ。靴は登山靴
さて、キャンプ場、結構広いようです。
ですが、受付で尋ねると「目の前の黄色いテントよ」とすぐに教えてくれました。
ちょっと拍子抜けするくらい簡単に見つけられました
しかしあいにくの留守。そりゃもうすぐシャモニーから帰るのにのんびりテントにはいないだろう...。置手紙をして我々も山へ向かいました

まずは最高峰まで登れるAiguille du Midi(エギュイ・デュ・ミディ)を目指し山麓駅に行ったものの...ものすごい長蛇の列。そりゃちょっと出遅れたもんね...。
快晴だしまずは登ってみたかったけどちょっとりょりょが鼻を垂らしているのも心配だった(標高の高いところに登るので耳がね)
なので本日は登山電車に乗って氷河を見にモンタンヴェールの山を目指す事にしました
りょりょは電車に乗れると言う事で大はしゃぎ。
駅前には昔使われていた汽車もありご機嫌です。もちろん私も
汽車に乗り込み


2日券を購入し(セザムは1日券なら割引があるらしい)氷河目指してGO
赤い電車だ!

向かいに見える山、あそこは冬はスキー場になるのでしょうか
高い場所に山小屋が結構見えます。
向かいの山も高いね〜

下りの電車ともすれ違います。
20分ほどでMer de Glace(メール・ドゥ・グラス)に到着です
うっひゃぁ〜〜、氷河だ目の前にある〜〜
これが氷河だ!!

そして針峰群もたくさん近くにあります。そんな山々にも氷河がそこかしこ...。
しかし、きっとこれもこの数年でだいぶ後退してきているのでしょうね
温暖化で失われていくものがどれだけあるのかと思うと残念でたまりません。
近づいてみようっ

さ、氷河の近くでランチしましょう
流れ降りてくる氷河は見えませんが、より近くにドリュ山を見ながらサンドイッチを食べました。
お昼お食べてご機嫌

ちなみにココは標高1913mくらい。
標高が高いと子供はテンションが高くなるか具合が悪くなると聞いたのですが、りょりょは間違いなく前者のようですね
まー、気持ちはわかります。ココで冷静になっているほうが不思議ですよ。

そして氷河に近づくためにロープウェイを目指す事に
でも結構下の降りてきてしまっていたんですよ。
ロープウェイ降り場まで20分で歩けると言うので歩いて降りることにしました

足場は結構ゴツゴツ。りょりょも危なっかしいので抱っこです。
そしてこっちの20分ってきっと30分は掛かるだろうな、と予想。
ロープウェイの下もくぐってハイ、ポーズ
ロープウェイだね

ココで何かおかしい?と思わなかったのが全ての過ちだったのです

小さい子も歩いて下山したり、本気の人達がはぁはぁ言いながら登ってきたりとたくさんの人が山道を通ってました。
挨拶しあったり山道って感じですよ、気持ちいですね
40分経過して結構な岩場に遭遇。本当にここ抱っこで通るの?!と言うくらい。
険しいなぁ、大丈夫?

そして40分も歩いてるのにゴンドラと方向反対の方に下山してる事にさすがにおかしいな?と思ってきたところに休憩所を発見
前に見えていた山の方向がすっかり変わってますが...道間違えてませんか
山が90℃角度変えましたが..

って事はこれは下山ルートですね
ふぅ、氷河どころじゃなくこんな軽装(って言うか普通の格好)で子供抱っこして登山(正確には下山)ですか!!??

登山道の表示からするとシャモニーの街まで2時間らしいです。ハイ、頑張ります
頑張って下山だ

りょりょも1人歩きしたり、下にある遠くの街を見ながら楽しく下山。
りょりょも歩く♪

しかし限界も近づきお昼寝です、抱っこで。
2人で歩いてると、なんだかさのさかの山をトレーニングしてる気分になりました
こんな日差しでしたね、白馬も。

だいぶ降りてきました。
登山電車の線路にも出会いました。もうすぐ麓なはずです。
やっと見覚えのあるスキー場のゲレンデに到着。ちょうど2時間でした

あ!楽しそうなそりの滑り台
私が興奮するとりょりょお目覚めです。
リフトとそりに反応し寝起きながらゲレンデを歩いて降りました。
リフト乗る〜

そしてもちろんこのそりに乗りに行きましたよ!!
1回券だけ買ってリフトに乗り込みました(年齢確認あり)。
きゃ〜!楽しい!!これめちゃスピード出せるのですが、前も親子乗りなのでゆっくり運転。
ぶつかっちゃうんですよ
しかもりょりょもちょっと固まり気味でね。安全運転にしました
でも最終的には楽しんでくれて乗った甲斐がありました!
もっと乗りたいのに

そして休憩の後、次の山へ行くには時間が足りないなと思い登山電車に再乗車。
また赤い電車だ!

さすがにロープウェイはもう営業終了と言う事で氷河には近づけず
雲が掛かったドリュ山

でもさっきとは違う氷河の顔もまた見れ、さっきとはまったく違う気温を体感し最終電車で下山してきました。
最終電車待ち

さっき歩いた山道を所々に見ながら、夕暮れ近い山の景色も堪能
そこで見た不思議な光景。電車が通り過ぎるとなんと線路にテーブルセッティングを始めるではないですか?!ここで誰がお食事

そんなんで無事に下山し、友人と駅前で待ち合わせ。
会えました〜
なんと昨日から最後の登山に行っていたそうです。
フランスで再会できて嬉しい〜!りょりょも大好きなでぃちゃんに会えて嬉しいです
みんなで集合

早速みんなで夕食に行きました
街の中を通り、りょりょもモンブランを指差してみます
あれがモンブランだよ

でぃちゃんが山仲間にオススメと言われてるお店です
せっかくだからサヴォワ料理を!と思い、ラクレットを頼みました。でもラクレットの本場はスイスだよね??
ラクレットマシーンが運ばれ、アンジェで見るホットプレート版とは違うと釘付け。
前菜には山なのに海鮮のサラダを頼みました。美味しかった♪
サーモンたっぷり

ラクレット、この量が2人前。熱で溶かされたチーズを大きなバターナイフのようなへらですくって食べます。濃厚で癖がなくとってもまろやかで美味しいです。ここら辺はじゃがいもも名産らしく丸ごとチーズと一緒に食べるとこれも美味
ラクレット正解でした

夫はお店のオススメなのかな?オムレツを頼んでました。でも一見グラタンのよう。オムレツの上にたっぷりチーズが乗っているみたいです。
2人じゃだいたいグラスワインとかくらいしか頼めませんが、4人いればボトルも開けられちゃいます美味しかった〜
デザートはバナナスプリット。
バナナスプリット

もっともっと話したかったけどお疲れの2人に眠いりょりょ
また明日会う約束をして解散です。
間近に見える山の話しとっても楽しかったです

では夜のモンブランおやすみ〜

この記事に対するコメント

ストーカーのように立て続けにコメント入れてすいません(笑)そして、またトラックバックさせて頂きました。ちょうどラクレットグリルについて記事を書いたところだったんです。
氷のトンネルに行けなかったのには、そんな理由があったんですね〜(笑)。普通じゃ出来ないような経験出来たのでは?でも、2時間はキツイですねぇ。。
それから、ウチはスベリ台が気になったけど、やらなかったんですよ。りょりょ君が楽しめたならウチの子達も楽しめたんだろうなぁ。。やればよかった(泣)。。
ところで、まみぞさん的にはリヨンとシャモニーどちらが良かったですか?違いすぎで比べられない??

コカゲさん

いやいや、コメントありがとうございます!だいぶお待たせしちゃいましたからね〜。トラックバックもありがとうございます♪ラクレットグリル、素敵なもの買いましたね〜。私も電気売り場でいつも眺めている1つです。羨ましいなぁ〜。
滑り台ですが、私が一番楽しんだかも?!ってくらい楽しいです。たぶんチビ助くんも最初は固まるでしょうね...でも終点の頃には「もう1回」の言葉が出たと思いますよ。またチャレンジの機会があれば是非!
下山は、きつかったですが結構楽しんじゃったかもしれません。立場ないのは2日券ですね...使いこなせてないっ!!!
リヨンとシャモニーですか、間髪いれずシャモニーと言ってしまうでしょうね。比べる対象が違うと言えばそれまでですが、シャモニーは素晴らしすぎます。たぶん自分の好みにもはまってると言うのも大きな勝因の1つでしょう。冬にも来てみて!と言われているので検討中の我が家です。

観光?それともトレーニング?うっかり下山できちゃうあたりがさすがです。

ちっちょへ

さすがに翌日は筋肉痛でしたよ。でもね、それが久しぶりで気持ちよかったり♪うっかり下山も悪くなかったかなぁ、なんて。(ちょっと強がりか?!)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

ラクレット

パパがラクレットグリルなるものを ある日突然購入してきました〜☆ ラクレットとは、スイス、 またはフランスのサヴォワ地方(スイスに近い)の伝統料理。 チーズを直火であぶり、溶けた部分をナイフで削り、 じゃがいもなんかにかけて食べる料理ですが、 この...